【J1-2節】ヴァンフォーレ甲府 vs 鹿島アントラーズ【スタメン予想】

ヴァンフォーレ甲府第2節予想スタメン

G大阪戦で牙を向いた攻撃的5バックの進化系。このチームのカギを握るのは昨年度フェアプレー賞にも輝いた苦労人LMF田中佑昌。守備時は基本形の5バックに3ボランチ1トップ下でウィルソンでタメづくり。攻撃時は全体的に右スライドした2015J1清水エスパルス前半戦でも見えた4CBとなり、DMF小椋祥平・CMF兵働昭弘のボランチライン、攻撃的中盤にLMF田中佑・OMF堀米勇輝・RMF松橋優と変貌して好機を穿つ。

鹿島アントラーズ第2節予想スタメン

失点責任ランクでは上位になってしまう、出場試合毎試合失点中のLSB三竿雄斗をどう使うかにもよってくるのだが、RSB西大伍を念のためベンチ待機等させるならば、RSB山本脩斗・LSB三竿雄斗もありうるかもしれない。DMF小笠原満男はそろそろカードリスクが高まってきてしまうため、ボランチラインにも多少の着手がある可能性はある。
ACL予選で収穫だったのが実践でのSMFレアンドロ活用に目途が立ったこと。攻める展開となれば、右45°からのミドルシューターRMF遠藤康の存在は必須。前線もペドロジュニオールから一部変更を見せてもいい頃合いかもしれない。

PREDICTION!

「鹿島アントラーズはヴァンフォーレ甲府を苦手としている」…というのはある程度の衝撃的側面のほうが強く、データでは必ずしもそうではない。鹿島が若干のターンオーバーでメンバーチェンジしてくれば話は別だが、甲府の戦い方はG大阪戦ですけてしまっている面もあり、鹿島よりに傾いている。
甲府 0-2 鹿島
甲府 1-0 鹿島
甲府 1-3 鹿島
という順で可能性があげられた。

関連記事

カテゴリー

2017年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
ページ上部へ戻る