【イングランド代表】代表で存在感が増している “ジャマイカ系” イングランド人選手

 

かつてはイギリスの植民地だったカリブ海に浮かぶ島国「ジャマイカ」

 

▽カリブ海に浮かぶ島国ジャマイカ。独立する1962年まで約300年間イギリス王国の植民地だったこともあり、現在もイギリス本土にもジャマイカにも多くの「ジャマイカの血」を引いた人たちが生活している。もちろんサッカー界にも多大な影響を与えている。

▽まず「ジャマイカ」と聞いて1番始めに頭に浮かぶのは100m、200m走の世界記録保持者である”人類最速の男”ウサイン・ボルトだろう。イングランドもFWラヒーム・スターリング(マンチェスター・シティ)、FWセオ・ウォルコット(エバートン)、FWアーロン・レノン(バーンリー)といった世界屈指の「スプリンター」がいるが、彼らは”ジャマイカ系”イングランド人の選手だ。また、レバークーゼンに所属する快速FWレオン・ベイリーはジャマイカ生まれだが、イングランド人の血を引いているためイングランド代表に選出される資格を持っている。1966年に行われ自国開催のW杯以降、国際タイトルから遠ざかっているイングランド代表は本気で説得にかかるだろう。

▽そして今回、近年代表で存在感が増している”ジャマイカ系”イングランド人でイレブンを作成。いかに「ジャマイカの血」がイングランド代表に大きい影響を与えているかを確認しよう。

● ジャマル・ブラックマン(Jamal Blackman)
Pos :GK
生年月日:1993/10/27(24歳)
身長/体重:199cm/92kg
現所属:リーズ(イングランド2部)*チェルシーからのレンタル移籍


*チェルシー在籍時

▽身長199cmの大型GK。チェルシーの下部組織出身で、今季は2部のリーズで2番手GKを務めている。現在、イングランドはGKの選手層が非常に厚く、そのためイングランド代表に招集される可能性は極めて低いだろう。数年以内にに国籍をジャマイカへ変更する可能性もあるだろう。イングランドU-21代表経験あり。
 なお”ジャマイカ系”イングランド人のGKは非常に少なく、過去最も有名なのはEURO2004と南アフリカW杯で代表の正GKを務めていたデイビッド・ジェームズだろう。既に2014年に現役を引退しているため今回は選外となっている。

● カイル・ウォーカー(Kyle Walker)
Pos :RSB/CB
生年月日:1990/5/28(28歳)
身長/体重:178cm/70kg
現所属:マンチェスター・シティ

▽ジャマイカ人の父親を持つ快速SB。地元の古豪シェフィールド・ユナイテッドの下部組織出身で、09年夏にトッテナムへと引き抜かれた。17年にマンチェスター・シティへと完全移籍。イングランド代表では3バックの右のストッパーとして新境地を開拓。ロシアW杯ではベスト4進出に大きく貢献した。

● クリス・スモーリング(Chris Smalling)
Pos :CB
生年月日:1989/11/22(28歳)
身長/体重:194cm/81kg
現所属:マンチェスター・ユナイテッド

▽ジャマイカの血を引く大型CB。ミルウォールとメイドストーンの下部組織出身で、08年冬にフラムへと引き抜かれた。10年夏には名門マンチェスター・ユナイテッドへ完全移籍。時折見せる「集中力の欠如」からのラフな失点などで批判を食らうが、モウリーニョ政権ではレギュラーポジションを守り続けている。イングランド代表。



ページ:

1

2 3 4

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る