【エールディビジ】若手逸材の宝庫!今オランダで見るべき若手選手22名(後編)18-19シーズン

 

多くの名選手を輩出してきたオランダ・エールディビジ

 

▽これまでヨハン・クライフ、マルコ・ファン・バステン、デニス・ベルカンプ、エドガー・ダービッツ、ロナルド・クーマンら世界を代表するレジェンド達を多く輩出しているオランダ。ロビン・ファン・ペルシーやアリエン・ロッベン、ヴェスレイ・スナイデルらオランダ国籍の選手はもちろんのこと、ズラタン・イブラヒモビッチや元日本代表MF本田圭佑もオランダで大きく成長を遂げた選手の1人だ。
▽今回、「Evolving Data」が独自に現在エールディビジでプレーする期待の若手選手22名を厳選!後編です!

↓前編はこちら↓

【エールディビジ】若手逸材の宝庫!今オランダで見るべき若手選手22名(前編)18-19シーズン

*若手選手の年齢は「22歳」で区切りをつけております。
*2018/10/15に「FIFA19」の能力値を付け足しました。

● ドニー・ファン・デ・ベーク(Donny van de Beek)
代表:オランダ代表
Pos :CMF/OMF
生年月日:1997/4/18(21歳)
身長/体重:183cm/74kg
利き足:右
所属:アヤックス
昨季リーグ戦:34試合11ゴール6アシスト
「FIFA19」能力値/ポテンシャル:76/83

▽得点力を兼ね備えるアヤックスの司令塔。アヤックスの下部組織出身で、16年2月にトップチームへ昇格。16-17シーズンから徐々に出場機会を増やし、翌17-18シーズンからはレギュラーポジションを確たるものとした。
アヤックスでファン・デ・ベークは「司令塔」の役割を担う。アヤックス仕込みの華麗な足元の技術はもちろん、高精度のラストパスや得点力も兼ね備えている。中盤でボールを捌いてゲームを組み立て、タイミングを見計らってボックス内へ侵入することでアヤックスの攻撃は非常に厚みが出て脅威となる。18-19シーズンはOMFで起用されることが増えているが、1列後ろのCMFで起用したほうが彼の持ち味が出ると言われている。

● ミシェル・フラップ(Michel Vlap)
代表:オランダ-21代表
Pos :CMF/OMF/WG
生年月日:1997/6/2(21歳)
身長/体重:191cm/69kg
利き足:右
所属:ヘーレンフェーン
昨季リーグ戦:24試合4ゴール3アシスト
「FIFA19」能力値/ポテンシャル:70/77

▽ヘーレンフェーンの大型ボランチ。ヘーレンフェーンの下部組織出身で、15年夏にトップチームへ昇格。17-18シーズンに定位置を掴んだ。元々はボランチの選手だがその攻撃性が買われOMFやWGで起用されることも。ただ、18-19シーズンは一貫して本来のCMFの位置で起用されている。
フラップは191cmの高身長ながら足元の技術に優れている。さらにはミドルシュートやゴール前へ持ち上がってのヘディングシュートなどゴールバリエーションも豊富だ。これはラツィオに所属するセルゲイ・ミリンコビッチ=サビッチに通ずるものがあり、上手く化ければ彼のような選手になれるだろう。



ページ:

1

2 3 4

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る