【J1-3節】個のぶつかり合い【川崎-柏】

HOME:川崎


攻撃的な意識の強すぎるチーム同士の一戦。ST家長昭博が不在のままだが、今節はおそらくSTハイネルを出場させる公算が高そう。ディフェンスにはCB奈良竜樹が出場予定。
攻撃面でのキーマンはCMF大島僚太。攻撃意識の強いチームだからこそ猛獣使いの存在が重要となる。2年連続起点回数ナンバーワンのCMF大島僚太がどれだけのアクションでオーガナイズできるかが鍵となる。守備面でのキーマンはRSB田坂祐介。対面する柏LWGクリスティアーノの破壊力・突破力を少しでも軽減させなければならない。攻略の糸口はクリスティアーノのパス成功率の低さ。ドリブル突破やオフ・ザ・ボール時の動き出しが多いことも関係しているが、周りとの息が2試合連続で合っていない。個人系スタッツは高いが連動系のスタッツが低い点を狙いたい。

AWAY:柏


柏レイソルは前節ガンバ大阪戦の3失点を払拭したいところ。決して守れていないわけではないのだが、最終局面でのデュエル負けが異常なレベル。特に前節全失点に絡んでしまったCB中山雄太にとってはリベンジに燃える試合でもある。
攻撃面でのキーマンはST武富孝介。STハモンロペスの代役として4トップに名を連ねているが、ムービング系の評価ではチームナンバーワン。両WGの爆発力を極大化させるスペースの作り方が上手いST武富孝介はCB奈良竜樹をつっついて裏にワンチャンス攻め込めれば大きい。守備面でのキーマンはCB中山雄太。「リベンジ」ただそれだけ。おそらくは途中出場で代表合宿にもいかなかったLMF三好康児が出場するはず。U20で切磋琢磨し合う2人だからこそ、「バチバチ」の地上戦を繰り広げてもらいたい。

関連記事

2017年4月
« 3月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
ページ上部へ戻る