【J1-3節】オーガナイズを打ち崩す『ワイドスポット』とは?【浦和-甲府】

HOME:浦和


怪我明けのCMF柏木陽介を先発起用する可能性は高く、ガンバ大阪・鹿島アントラーズと強敵2連戦の中で失点こそしたものの1失点で済ませてきた堅守は手強い。
打ち崩すための攻撃のキーマンはCMF柏木陽介。先発でなくとも交代出場の可能性は高い。日本代表でも見せた「守る」相手に対してアプローチショットを決め続けて綻ばせることが大きな役回りとなる。守備のキーマンはGK西川周作。守ってワンチャンスを狙う甲府にとってはセットプレイが大事。逆にセットプレイを狙われる浦和にとってはピンチとなる機会だからこそいかにディレクションして封じられるかがポイントとなる。

AWAY:甲府


<5-3-2>と<4-4-2>を使い分ける甲府は、3戦連続で守備の時間に重きをおく戦いとなる。ただ両脇のあがる3バックというのもあり、ワイドトップ(ウイング)のポイントにスペースを作りやすくなるため、ワイドに駆け上がるCMF田中佑昌やRSB松橋優にとっては戦いやすい相手でもある。
ジャイアントキリングのための攻撃のキーマンはCMF田中佑昌。CB森脇良太の裏というのは攻め手の一つであり、リトリート時のCB森脇良太のデュエル勝率は45%を切り、バックステップの戻りも速くはないため、一気にこのワイドスポットをつけるチャンスでもある。守備のキーマンはCB山本英臣。飛び道具がなければ、CFラファエル・シルバを中心とした中央突破が基軸となる。特にST武藤雄樹を捕まえなければならず、すり抜けさせないようにするためのディレクションは大きなポイントになるだろう。

関連記事

2017年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
ページ上部へ戻る