【新海外組】鎌田大地・堂安律の欧州移籍と今後の潮流

●MF鎌田大地(鳥栖→フランクフルト)への移籍

週頭に流れた報道が週内で加速し、無事着地へと向かいそうなMF鎌田大地の移籍。
東山高からサガン鳥栖へ入団した一年目から頭角を現したが、
https://ameblo.jp/lifepicture/theme-10091379623.html
かつてこちらでも触れた通り、
【時間】と【空間】を支配したパスを操る魔術師である。
・元来持つトラップとボールの置き所
・CF豊田から学んだフィジカル
・鳥栖で得たハードワークとスタミナ
・交響曲のような、全てに意味を施したパス能力
これらを引っさげてドイツ・ブンデスリーガへと臨む。
トップ下だけでなく、セカンドトップやインサイドハーフもこなせるスタミナ万端の万能派として。

●MF堂安律(ガンバ大阪→フローニンヘン)への移籍
誰もマークできていなかった電撃移籍。
U20W杯で特に名を挙げたMF堂安律の移籍を止めることはできなかったかもしれない。
・MF中田英寿(湘南→パルマ)
・LB長友佑都(明治大→FC東京→チェゼーナ)
・FW武藤嘉紀(慶応大→FC東京→マインツ)
らに匹敵する速さでの移籍や昇りつめ方だが、U20W杯への参加とプレーに対する賛辞が、
彼の海外移籍ヘの想いを募らせた。
思いに対して動いたフローニンヘン側の熱意にも後押しされたという。
能力に疑いの余地はないが、問題は似たようなケースで移籍したMF高木善朗(東京V)の存在だ。
ユトレヒトでもそこそこの活躍を見せたが、現状ではJ2での活躍に甘んじている。
MF本田圭佑(ミラン→??)パターンになれるかどうか。

●今夏の移籍候補
W杯イヤー直前のシーズンとなり、W杯前の移籍タイミングは今夏と今冬の2回。
日本人関係者での移籍確定者は、
・MF森岡亮太(シロンスク/ポーランド→ワースラント/ベルギー)
・CB塩谷司(広島→アル・アイン/UAE)
・MF鎌田大地(鳥栖→フランクフルト/ドイツ)
・MF堂安律(G大阪→フローニンヘン/オランダ)
・MF奥川雅也(リフェリング/オーストリア2部→マッテルスブルク/オーストリア1部)
となり、
噂では、
・MF本田圭佑(ミラン/イタリア→???)
・SB長友佑都(インテル/イタリア→残留?サッスオーロ/イタリア?プレミアリーグ?)
・CFハーフナー・マイク(デンハーグ/オランダ→神戸?)
・FW原口元気(ヘルタ/ドイツ→ブライトン/イングランド?)
・MF山田大記(カールスルーエ/ドイツ2部→)
・FW鈴木優磨
・CB昌子源
・WB関根貴大
・MF井手口陽介
海外からの話が上がった国内組4名に可能性は、ある。

●2~3年以内の候補生
・MF佐々木匠(仙台)
・MF三竿健斗(鹿島)
・CB植田直通(鹿島)
・FW前田大然(水戸)
・RB小池龍太(柏)
・GK中村航輔(柏)
・CB中山雄太(柏)
・CB橋岡大樹(浦和ユース)
・CB遠藤航(浦和)
・MF中村敬斗(三菱養和ユース)
・MF久保建英(FC東京U18)
・MF原輝綺(新潟)
・MF川辺駿(磐田)
・RB初瀬亮(G大阪)
・FW大垣勇樹(興國高)
・RB藤谷壮(神戸)
・CB生駒仁(鹿児島城西高)
特にGK中村航輔やMF久保建英、RB藤谷壮あたりはかなりの確度で移籍するのではないかと思う。

関連記事

ピックアップ記事

2017-6-25

ベガルタ仙台1-15節の通信簿

カテゴリー

2017年7月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ページ上部へ戻る